スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

建売狙い(前編)


普通、家を買うには、知り合いに大地主とかいない限り、不動産屋さんに依頼するでしょう。私もご多分に漏れず、目指すエリアを活動地域としている不動産屋を探すところから始めました。

インターネット検索でその地域の物件を持っていそうな何軒かの不動産屋にコンタクトをとり、物件情報の送付を依頼しました。
インターネット上では、ヨサゲな物件てんこ盛りっぽいので、こりゃ早々に見つかるかも。。なんて楽観的に考えていましたが。。。

物件がない!
ここいいぞ!と思える物件は高い!

ある不動産屋の話しによれば、リーマン・ショックが起きた直後から地主さんは物件価格下落を懸念し、売りに出すのを控えたそうです。それがちょうど 1年前で、建売の場合、ちょうど今頃が建物も完成し、売りに出されるはずなのですが、売り控えのためにタマ数が極端に少なくなったみたいです。
「1年前の6割もない」
そんな状態で、「コレだっ!」っていう物件には巡り会えませんでした。


長期戦・・・


覚悟しましたよ。人によっては1~2年もかけて物件探ししているとか。ほぼ間違いなく一生に一度の買い物なので、妥協したくない。でもこのままズルズルといくと、途中でやる気が失せるかも。。。そんな状態が2ヶ月以上続いたわけです。

その間、ネットとか持ち家の友人の体験談などを聞き、だんだんと家購入のために必要なことを勉強しました。

不動産取引時の手数料、登記、税金、ローン金利、建売のメリット・デメリット etc。。

最初は2社の不動産屋さんとコンタクトを取っていましたが、担当した営業がイマイチで、こちらの希望する項目(日当たり、間取り、会社までのアクセスなど)をシカトして、自分が持っている物件を出してくるだけでした。しかも、同じデータベースを使用しているらしく、持ってくる物件は同じものばかり。複数と付き合うメリットなしが感じられなーい!

このままではイカン!と、別の不動産屋にコンタクト。ここも同じ物件を持ってくるかと思いきや、結構未公開物件を持っているようで、目新しい情報もちらほら出てきました。

そんな中、家内がチョー気に入った物件が飛び込んできたわけです。

長くなりすぎたので、後編へ続く~。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミヤッチ

Author:ミヤッチ
転勤を機に一戸建購入を決意。建売ではなく自分仕様の家を建てることに挑戦中の男。果たしてその結末は。。。まっどーにかなるでしょ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。